お知らせ

  1. トップ
  2. お知らせ
  3. 和婚の疑問|神前結婚式の費用負担は両家でどのように決めればいいの?

和婚の疑問|神前結婚式の費用負担は両家でどのように決めればいいの?

2023年01月09日

更新日:2023年1月9日

結婚式の費用負担はどうすればいいのか

結婚式の費用負担についての話は、ご両家様で相談しにくいですよね。ですが今後のお付き合いも含め、とても大切な話し合いになります。今回は、費用負担の事例をあげて詳しく解説していきますので、話し合いの参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

負担額の考え方

今までお客様から受けたご相談の中から、費用の負担の考え方を3つご紹介いたします。具体的なゲスト人数と金額を例にあげて、シミュレーションをしてみます!

金額例

・ゲスト人数50名(新郎側30名:新婦側20名)
・総費用 250万円
 飲食・引出物 150万円
 挙式料・衣裳・美容・写真・演出 100万円

 

1.総額を折半

それぞれのゲスト人数の違いや、衣裳代の違いは考えず、総額で折半するケースです。
それぞれの負担額は、新郎側125万円・新婦側125万円となります。

計算の考え方

〈総額〉250万円÷2=125万円
新郎側 125万円
新婦側 125万円

 

2.総額をゲスト人数で分ける

総額をそれぞれのゲスト人数の割合で分けるケースです。
それぞれの負担額は、新郎側150万円・新婦側100万円となります。

計算の考え方

〈総額〉250万円÷〈総人数〉50名=1人あたり5万円
新郎側 30名×5万円=150万円 
新婦側 20名×5万円=100万円

 

3.ゲスト人数にかかわる費用は分けて・その他は折半

ゲスト人数によって変動する費用(飲食・引出物)はそれぞれ分けて、それ以外の費用(挙式料・衣裳・美容・写真・演出)は折半するケースです。
それぞれの負担額は、新郎側140万円・新婦側110万円となります。

 

計算の考え方

〈挙式料・衣裳・美容・写真・演出〉
100万円÷2=50万円

〈飲食・引出物代〉
150万円÷〈総人数〉50名=1人あたり3万円

新郎側  50万円+(30名×3万円)=140万円
新婦側  50万円+(20名×3万円)=110万円

 

ご祝儀の考え方

請求額の分け方は上記の考え方となりますが、実際のご負担額は「ご祝儀を差し引いた金額」となります。いただけるご祝儀の平均額として、総人数×3万円というデータがあります。実際に「2.総額をゲスト人数で分ける」を例に挙げてみると、実質負担額は新郎側60 万円・新婦側40万円となります。

計算の考え方

〈ご祝儀分〉
新郎側 30名×3万円=90万円
新婦側 20名×3万円=60万円

新郎側  150万円−〈ご祝儀〉90万円=60万円 
新婦側  100万円−〈ご祝儀〉60万円=40万円

 

これらの考え方はあくまでも1つの事例にすぎず、ご両家様のご事情により考え方は大きく変わってきます。お互いが納得できる形で進む事が、何よりも大切な事だと考えます。

 

 

関連記事

 

 

 

 

上へ戻る