神前式

  1. トップ
  2. 神前式

厳かに 美しく

豊かに水をたたえる池、緑豊かな回遊庭園――
まるで一幅の絵画のような風景は数百年の時を経て、そこにあり続けるもの。
水と土と日の神とともに、生命を育んできたその庭から、二人の新しい物語が紡ぎだされます。

大井神社 宮美殿の、神前式。

気高く厳粛な儀式がより深い感動を与えます
神前式次第

悠久の時と輝く未来を結ぶ回廊
参進の儀

大井神社の神前式は、40mの長い廻廊を歩む『参進の儀』から始まります。
神職と巫女を先頭に、新郎新婦、参列者が拝殿へ。
それはまさに、新たな旅立ちの第一歩。
四季折々の花々と、深い緑、そしていにしえからの神々がお二人の未来を祝福します。

結ばれるお二人に神のご加護を
修祓の儀
祝詞奏上

大太鼓音が響き渡ると、そこは日本古来の世界へと変わります。修祓(しゅばつ)とは神事を執り行う前に身体の罪穢れを祓う、神社の祭事における重要な儀式です。
神職が神前で結婚を報告し、神のご加護とお二人の幸せを願い、祝詞を奏上します。

雅楽の調べの中で盃をかわす
三献の儀

日本古来の雅楽の調べの中で、永遠の愛を固める『三献の儀』が行われます。
『三献の儀』とは、夫婦かための盃「三三九度の盃」のこと。
御神酒を用いて行います。

錦の帯が幸せを末永くつなぐ
輪結びの儀(指輪の交換)

日本三大奇祭のひとつ、幸せを招き、安産を祈願する大井神社の帯祭り。
伝統の祭りにちなんだ儀式が、『輪結びの儀』。

錦の帯地で作られた美しい指輪の交換は、「何代にもわたる幸せを鮮やかな錦の帯が末永くつなぎとめる」ための儀式。

大井神社にしかない、特別なものです。

感動に包まれて 永遠の愛を誓う
誓詞奉読

お二人の愛を誓う儀式。
神々に見守られた中で、夫婦として愛し合い支え合うことを誓います。
愛する男性から紡がれる誓いの言葉、夫婦として初めての共同作業。
心に響く、神前式ならではの儀式です。

榊の枝に こころをのせて
玉串奉奠

神前にて玉串を捧げ、「二礼、二拍手、一礼」の作法で拝礼し、ご加護を祈ります。

平和と安泰を祈り舞う
浦安の舞
神鈴の儀
親族盃の儀

昭和天皇が平和を願い作られた歌を舞とし、正装の舞装束の巫女が優雅に奉納。舞を納めた巫女がお二人に神霊を分かち、美しい鈴の音とともにお幸せをお祈りします。
ご親族かための盃(親族盃の儀)は、とりかわすご両家がご神縁により結ばれるよう行われます。

ふたつの家族が ひとつに
水合わせの儀

境内にて、大井神社の「御神水」と「ご両家のお水」が合わさり、新家庭の「幸せの水」となります。
お二人が永久の誓いをされた大井神社の「御神水」をもとにご両家がひとつになり、幸せな家族生活を営めることをお祈りします。

お水の神様をお祀りしている大井神社ならではの儀式です。

凛とした空気に包まれた拝殿から、緑まぶしい境内の庭園へ。

そこには、緊張感から解放され、思わず笑みをみせるお二人の姿があります。
お友達やご家族と歓談して過ごすひととき。

お二人が、末永くお幸せでありますように。

「和」と「洋」が奏でるひととき

披露宴は、お二人らしさを表すウエディングのメインシーン。
明治時代の洋館をイメージした建物は、クラシカルとモダンを融合させた、心あたたまる空間。
和装も、洋装も映える会場が、花嫁をより一層美しく引き立てます。

華やかに、キュートに、厳かに。
お二人のアイデアをより素敵な形にして――。
理想のウェディング・スタイルを叶えます。

上へ戻る